想いや、言葉には“旬”がある。

いつのことだろう?

どこかで見かけたこの言葉。

元のフレーズから変わっているかもしれない。


その時はふーん、くらいだった。

そんなものなのかなって。


でも。何か感じるところがあって、今度ブログにしようとかインスタにアップしようと写真撮ったりするも、何日後かにいざそれをしようとするとぽかーん。

言葉が浮かんでこなかったり、気持ちが追いつかない。

そういう事が何度かあった。


そうか、これが“旬”ってことか。何週間か経って、分かりました。

そして。


最近、自分の殻をやぶるために色んな方のブログを読んでいるのですが、

みなさん揃って“今の自分”を大切にされているんですね。

未来や過去に想いを馳せて“今”をおいてけぼりにしない。

感じることをおろそかにしない。

ポジティブでもネガティブでも等しく、きちんと受け止める。

それの良い悪いの判断はしない。

今感じていること、もっと言えば感じている自分を大切にしているのか?ってこと。


今このブログを書きながら想ったのですが、

過去や未来にフォーカスしたことは、今ここに在る自分がないから、旬じゃない。

とも言えるのかな。

旬のものの方が、フレッシュでぴちぴちしてて、生命力に溢れてて、魅力的!

薔薇だって雨でも美しく咲いているなぁ。

雨だろうが、晴れだろうが、周りが咲いてようがいまいが、

今この瞬間全力で命をまっとうっしている。

“今”を生きるってこういうこと。

シンプル。


* * *


想いや言葉には旬がある、というフレーズと最近学んでることは別々に出逢ってるのに、

点と点が繋がって線になる感じ。


最近あっち と こっち で出逢った/起きた/知ったこと同士が繋がって、

あぁ!!ってなることが多いんです。

(それがシャンプーしてる時だったりすると自分のことながらビックリして動きが止まる^^;)



 “腑に落ちる” って先人は上手い表現をしたものだ。